顏がカメラ

小型カメラの撮影に失敗しないためには

シャッター

小型カメラには大きく分けて2種類のタイプが存在しています。1つ目が火災報知器型や置時計型などの本体を固定して使うタイプで、もう1つが腕時計型やメガネ型などの身に着けて使うタイプです。前者は最初にアングルさえ気をつければ、撮影に失敗することはほとんどありません。注意しなければいけないのはもう一方のタイプです。慣れない方はどうしても撮影がブレてしまうからです。被写体をしっかり確認して撮影できるなら良いのですが、隠し撮りをするのに悠長にそんなことをしていたら撮影していることがバレてしまう恐れもあります。ですから身に着けて使うタイプの小型カメラを使う際は、事前に撮影の練習をしておく方が良いでしょう。
部屋の監視や家の防犯など、決まった場所だけを撮影する場合には、固定タイプが適しています。固定タイプなら初心者でも撮影に失敗が少ないので安心です。また置時計型の小型カメラは広角レンズを採用しているものが多く、広範囲撮影ができる利点もあります。
重要な証拠撮影を失敗するなんてことのないよう、どのタイプを使うにしてもアングルの確認や試し撮りをするなどの最終チェックをしておきましょう。こうしたカメラは小型カメラ専門店で購入できますので、詳しくはお店にお尋ねくださいね。

PRESS RELEASE

シャッター

小型カメラの撮影に失敗しないためには

小型カメラには大きく分けて2種類のタイプが存在しています。1つ目が火災報知器型や置時計型などの…

女性

小型化や高機能化する小型カメラ

昨今の小型カメラのバリエーションは多種多様です。数十年前には考えられなかった形やサイズ、機能を…

望遠レンズ

自衛手段に小型カメラを利用してみませんか

現在、DVや虐待など家庭内のトラブルにお悩みの方、あるいは痴漢やセクハラ、ストーカー被害でお困…

男性

小型カメラの購入は品揃えや知識共に豊富な専門店がおすすめ

防犯対策の手段として有効なのが、小型カメラです。悪質ないたずらをする人を告発する証拠資料となり…